更年期障害

更年期障害

「うつを治すにはどんな治療法が最適なのか?」このことについてはうつ病の専門医の間でも大きく知見が異なり、これという答えがないというのが現状です。
高ストレス社会と言われる現代において、パニック障害や自律神経失調症などの患者の方は実に多く存在し、動悸やめまい、強い焦燥感や恐怖感が四六時中付随します。
不眠は、頭痛とともに、自律神経失調症を代表する異常です。厚労省の調べによれば、日本人の1割の人が不眠症の症状が現れているということがわかっています。
自律神経失調症というのは活動時・緊張時に働く神経系と、安静時や休息時に活発になる神経系の2種類の神経のバランスが崩れた時に現れ、耳鳴りというのもそういった自律神経失調症のうちのひとつです。

 

うつ病とは身体の力が枯渇してしまったかのように感じられ、どんなことに対してもすっかり関心や意欲が沸かなくなってしまう状態に陥ります。
自律神経失調症というのは、神経症やうつ病としばしば同一視されることがあります。なぜかというと、いずれの病気も肉体的な不調とともに不安感や憂うつ感などといった精神的なトラブルをも伴うからです。
夜に眠れないからというようなわけで朝寝坊したり昼寝することにより睡眠サイクルが崩れ、不眠症を悪化させているケースも多々あるものです。
「うつでしんどい」「あらゆることに意欲が出ない」「ベッドから起きあがれない」「今まではこんなことなかったのに」更年期障害ではしばしば耳にする心理面での症状です。
パニック障害などのいろんな心の病気で悩まされている人の殆どは精神科や心療内科などを受診し抗不安薬や睡眠薬など複数のお薬を出してもらい飲まれています。

 

最近ストレスによって起こる過敏性腸症候群になる人が多く見られます。ここぞという試験や会議の前などの、緊張を強いられる場面で下痢や便秘になりがちな人は注意信号です。
「パニック障害」と類似した症状が発現する自律神経失調症においては、頻脈になったり、食生活に問題がなくても胃腸の調子が悪くなるなどといったトラブルも出てきます。
更年期障害という症状は、昔は閉経に近づいた女の方のホルモン分泌量が一気に減少するために起こる肉体的・精神的なトラブルのことを指していました。
不眠症においては原因となるものが特定が難しく、適切な治療が受けられなくて苦しまれている方も多いのが実状ですが、不眠症になる原因として自律神経が多大に関係しています。
不眠症は多くの場合ストレスから引き起こされます。精神的ストレスだけではなく、環境が変化したり、明くる日の仕事、非常に腹が立っているなどというような場面もストレスとなりえます。